初心者向け・チュートリアル

Movable typeの初心者向け入門コンテンツの解説

2019.12.23

テーマについて理解する

  • yaml
  • テーマ

Movable Typeのテンプレートをテーマにしておくことで、業務の効率化に繋がります。
テーマの構成や作り方などを理解することで、サイト構築がスムーズに行えます。

Movable TypeのスターターテーマとしてGithubにアップしています。

デザインなどは自由に出来るように最小限の構成になります。
サイトに必要なコンポーネントや必要なテンプレートを格納しております。

テーマの構成

Movable Typeをインストール後、 [mtインストールディレクトリ] 配下に themes というディレクトリがあります。
この中に オリジナルテーマディレクトリ を格納することでMovable Type側で認識して管理画面に作成したテーマが表示されます。

テーマ適用画面

名称 用途
theme.yaml テーマの設定情報になります。
thumbnail.png(thumbnail_medium.png、thumbnail_small.png) テーマのサムネイル画像になります。サムネイルサイズは3種類になります。
templates/ 適用するテンプレートを格納するディレクトリになります。(テンプレートの拡張子は、mtml)
alt-tmpl/ テーマを適用することで利用中のサイトの管理画面をカスタマイズすることができます。
static/ テーマのデザインで利用する画像/CSS/JSなどのファイルを格納するディレクトリ(適用時に自動的にtheme_staticへコピーします。

テーマのインストール方法

テーマのインストールの方法は、以下の手順で進めます。
MTがインストールされているディレクトリ名を [MT_HOME] と記載しています。

  1. SFTPやFTPで [MT_HOME] にアクセス
  2. [MT_HOME] 配下の themes に移動
  3. themes にオリジナルテーマもしくは配布テーマをアップロード
  4. 管理画面へ適用したいサイトへ遷移
  5. 左カラムのデザイン→テーマへ遷移
  6. アップロードされているテーマ確認し適用ボタンをクリック
  7. 管理画面でテーマ適用後、全体再構築(適用のみではファイルは出力されていないため)
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
CATEGORY BACK