Blog

Movable Typeの気づいた点などの紹介

2018.05.23

Movable Type 7から実装されたタグ

Movable Type 7から実装されたタグの解説。

システムバージョン

  • Movable Type 7.0

ファンクションタグ

mt:AuthorContentCount

ユーザが投稿した全コンテンツデータに投稿数を表示する

  
<mt:AuthorContentCount />
  

mt:ContentAuthorDisplayName

コンテンタイプデータで投稿したユーザー情報の表示名を表示する

  
<mt:ContentAuthorDisplayName />
  

mt:ContentAuthorEmail

コンテンタイプデータで投稿したユーザー情報の電子メールアドレスを表示する

  
<mt:ContentAuthorEmail />
  

mt:ContentAuthorID

コンテンタイプデータで投稿したユーザー情報のIDを表示する

  
<mt:ContentAuthorID />
  

mt:ContentAuthorLink

コンテンタイプデータで投稿したユーザー情報のウェブサイトリンクを表示する

  
<mt:ContentAuthorLink />
  

mt:ContentAuthorURL

コンテンタイプデータで投稿したユーザー情報のウェブサイトURLを表示する

  
<mt:ContentAuthorURL />
  

mt:ContentAuthorUsername

コンテンタイプデータで投稿したユーザー情報のユーザ名を表示する

  
<mt:ContentAuthorUsername />
  

mt:ContentAuthorUserpic

コンテンタイプデータで投稿したユーザー情報のアイコン画像を表示する

  
<mt:ContentAuthorUserpic />
  

mt:ContentAuthorUserpicURL

コンテンタイプデータで投稿したユーザー情報のアイコン画像URLを表示する

  
<mt:ContentAuthorUserpicURL />
  

mt:ContentCreatedDate

コンテンタイプデータの作成日時を表示する

  
<mt:ContentCreatedDate />
  

mt:ContentDate

コンテンタイプデータの公開日を表示する

  
<mt:ContentDate />
  

mt:ContentModifiedDate

コンテンタイプデータの編集日を表示する

  
<mt:ContentDate />
  

mt:ContentID

コンテンタイプデータのIDを表示する

  
<mt:ContentID />
  

mt:ContentIdentifier

コンテンタイプデータの識別子を表示する

  
<mt:ContentIdentifier />
  

mt:ContentLabel

コンテンタイプデータの識別ラベルを表示する

  
<mt:ContentLabel />
  

mt:ContentPermalink

コンテンタイプデータの記事URLを表示する

  
<mt:ContentPermalink />
  

mt:ContentSiteDescription

サイトの設定画面で入力した『説明』を表示する

  
<mt:ContentSiteDescription />
  

mt:ContentSiteID

サイトのIDを表示する

  
<mt:ContentSiteID />
  

mt:ContentSiteName

サイトの名前を表示する

  
<mt:ContentSiteName />
  

mt:ContentSiteURL

サイトのURLを表示する

  
<mt:ContentSiteURL />
  

mt:ContentStatus

コンテンツデータのの状態を表示する

  
<mt:ContentStatus />
  

mt:ContentUniqueID

コンテンツデータののユニークIDを表示する

  
<mt:ContentUniqueID />
  

mt:ContentUnpublishedDate

コンテンツデータの公開終了日を表示する

  
<mt:ContentUnpublishedDate />
  

mt:ContentsCount

コンテンツデータの投稿数を表示する

  
<mt:ContentsCount />
  

mt:SiteContentCount

サイトに属するコンテンツデータの投稿数を表示する

  
<mt:SiteContentCount />
  

mt:ContentTypeDescription

コンテンツデータの『説明』を表示する

  
<mt:ContentTypeDescription />
  

mt:ContentTypeName

コンテンツタイプの名前を表示する

  
<mt:ContentTypeName />
  

mt:ContentTypeID

コンテンツタイプのIDを表示する

  
<mt:ContentTypeID />
  

mt:ContentTypeUniqueID

コンテンツタイプのユニークIDを表示する

  
<mt:ContentTypeID />
  

mt:ContentFieldValue

コンテンツフィールドの値を表示する

  
<mt:ContentFieldValue />
  

mt:ContentFieldLabel

コンテンツフィールドの名前を表示する

  
<mt:ContentFieldLabel />
  

mt:ContentFieldType

コンテンツフィールドのタイプを表示する

  
<mt:ContentFieldType />
  

ブロックタグ

mt:ContentAuthorUserpicAsset

ユーザ情報の編集画面のプロフィール画像をアイテム関連のテンプレートタグと組み合わせて表示するブロックタグ

  
<mt:ContentAuthorUserpicAsset>
  <mt:AssetURL />
</mt:ContentAuthorUserpicAsset>
  

mt:ContentCalendar

mt:ContentField

コンテンツフィールドの値を表示するためのブロックタグ

  
<mt:ContentField content_field="コンテンツフィールド名">
  <mt:Var name="__value__" />
</mt:ContentField>
  

mt:ContentFieldHeader

mt:ContentField のブロックタグの中で、最初のデータのときだけに実行するブロックタグ

  
<mt:ContentField content_field="コンテンツフィールド名">
  <mt:ContentFieldHeader>
  <ul>
  </mt:ContentFieldHeader>
    <li><mt:Var name="__value__" /></li>
  <mt:ContentFieldFooter>
  </ul>
  </mt:ContentFieldFooter>
</mt:ContentField>
  

mt:ContentFieldFooter

mt:ContentField のブロックタグの中で、最後のデータのときだけに実行するブロックタグ

  
<mt:ContentField content_field="コンテンツフィールド名">
  <mt:ContentFieldHeader>
  <ul>
  </mt:ContentFieldHeader>
    <li><mt:Var name="__value__" /></li>
  <mt:ContentFieldFooter>
  </ul>
  </mt:ContentFieldFooter>
</mt:ContentField>
  

mt:ContentFields

コンテンツタイプに含まれる全てのコンテンツフィールドを取得するためのブロックタグです。各コンテンツフィールドの処理は、ブロック内に記述された MTContentFieldタグの中で行ないます。

  
<mt:Contents content_type="講師" limit="1">
  <mt:ContentFields>
    <mt:ContentField><p><mt:ContentFieldLabel>: <mt:ContentFieldValue></p></mt:ContentField>
  </mt:ContentFields>
</mt:Contents>
  

mt:ContentFieldsHeader

mt:ContentFields のブロックタグの中で、最初のデータのときだけに実行するブロックタグ

  
<mt:Contents content_type="講師" limit="1">
  <mt:ContentFieldsHeader>
  <div>
  </mt:ContentFieldsHeader>
  <mt:ContentFields>
  <mt:ContentField><p><mt:ContentFieldLabel />: <mt:ContentFieldValue /></p></mt:ContentField>
  </mt:ContentFields>
  <mt:ContentFieldsFooter>
  </div>
  </mt:ContentFieldsFooter>
</mt:Contents>
  

mt:ContentFieldsFooter

mt:ContentFields のブロックタグの中で、最後のデータのときだけに実行するブロックタグ

  
<mt:Contents content_type="講師" limit="1">
  <mt:ContentFieldsHeader>
  <div>
  </mt:ContentFieldsHeader>
  <mt:ContentFields>
  <mt:ContentField><p><mt:ContentFieldLabel />: <mt:ContentFieldValue /></p></mt:ContentField>
  </mt:ContentFields>
  <mt:ContentFieldsFooter>
  </div>
  </mt:ContentFieldsFooter>
</mt:Contents>
  

mt:ContentNext

現在のコンテンツデータの次のデータ内容を表示するブロックタグ

  
<mt:ContentNext>
  <a href="<mt:ContentPermalink />"><mt:ContentLabel /></a>
</mt:ContentNext>
  

mt:ContentPrevious

現在のコンテンツデータの前のデータ内容を表示するブロックタグ

  
<mt:ContentPrevious>
  <a href="<mt:ContentPermalink />"><mt:ContentLabel /></a>
</mt:ContentPrevious>
  

mt:Contents

コンテンツデータの一覧表示するためのブロックタグ

  
<mt:Contents content_type="コンテンツタイプ名">
  <mt:ContentsHeader>
    <ul>
  </mt:ContentsHeader>
      <li><a href="<mt:ContentPermalink />"><mt:ContentLabel /></a></li>
  <mt:ContentsFooter>
    </ul>
  </mt:ContentsFooter>
</mt:Contents>
  

mt:ContentsHeader

mt:Contents のブロックタグの中で、最初のデータのときだけに実行するブロックタグ

  
<mt:Contents content_type="コンテンツタイプ名">
  <mt:ContentsHeader>
    <ul>
  </mt:ContentsHeader>
      <li><a href="<mt:ContentPermalink />"><mt:ContentLabel /></a></li>
  <mt:ContentsFooter>
    </ul>
  </mt:ContentsFooter>
</mt:Contents>
  

mt:ContentsFooter

mt:Contents のブロックタグの中で、最後のデータのときだけに実行するブロックタグ

  
<mt:Contents content_type="コンテンツタイプ名">
  <mt:ContentsHeader>
    <ul>
  </mt:ContentsHeader>
      <li><a href="<mt:ContentPermalink />"><mt:ContentLabel /></a></li>
  <mt:ContentsFooter>
    </ul>
  </mt:ContentsFooter>
</mt:Contents>
  

コンディショナルタグ

mt:AuthorHasContent

ユーザーのコンテキスト内で条件分岐をおこなうブロックタグです。 ユーザーが公開 (Publish) されたコンテンツデータを持っているか判別し、もし持っているときは true (真) となり、ブロック内を処理します。あわせて MTElse ブロックタグを使用できます。

  
<mt:Authors need_entry="0">
  <mt:if name="__first__"><ul></mt:if>
    <li><mt:AuthorDisplayName> は「イベント・セミナー」書いている?: <mt:AuthorHasContent content_type="イベント・セミナー">Yes<mt:Else>No</mt:AuthorHasContent></li>
  <mt:if name="__last__"></ul></mt:if>
</mt:Authors>
  

mt:CalendarIfContents

MTContentCalendarブロック内で、現在のコンテクストで処理されている日付にマッチするコンテンツデータが存在するときに実行される条件タグです。日付のフィールドは、MTContentCalendarタグの指定によります。

  
<table>
  <tr>
    <th>日</th>
    <th>月</th>
    <th>火</th>
    <th>水</th>
    <th>木</th>
    <th>金</th>
    <th>土</th>
  </tr>
<mt:ContentCalendar month="201710" content_type="イベント・セミナー" date_field="開催日時">
  <mt:CalendarWeekHeader>
  <tr>
</mt:CalendarWeekHeader>
    <td>
  <mt:CalendarIfContents>
    <mt:CalendarIfToday><strong></mt:CalendarIfToday><mt:CalendarDay><mt:CalendarIfToday></strong></mt:CalendarIfToday><br>
    <mt:Contents limit="3">
      <mt:if name="__first__"><ul></mt:if>
      <li><mt:ContentLabel></li>
      <mt:if name="__last__"></ul></mt:if>
    </mt:Contents>
  </mt:CalendarIfContents>
  <mt:CalendarIfNoContents>
    <mt:CalendarIfToday><strong></mt:CalendarIfToday><mt:CalendarDay><mt:CalendarIfToday></strong></mt:CalendarIfToday><br>No Events
  </mt:CalendarIfNoContents>
    </td>
  <mt:CalendarWeekFooter>
  </tr>
  </mt:CalendarWeekFooter>
</mt:ContentCalendar>
</table>
  

mt:CalendarIfNoContents

MTContentCalendarブロック内で、現在のコンテクストで処理されている日付にマッチするコンテンツデータが存在しないときに実行される条件タグです。日付のフィールドは、MTContentCalendarタグの指定によります。

  
<table>
  <tr>
    <th>日</th>
    <th>月</th>
    <th>火</th>
    <th>水</th>
    <th>木</th>
    <th>金</th>
    <th>土</th>
  </tr>
<mt:ContentCalendar month="201710" content_type="イベント・セミナー" date_field="開催日時">
  <mt:CalendarWeekHeader>
  <tr>
</mt:CalendarWeekHeader>
    <td>
  <mt:CalendarIfContents>
    <mt:CalendarIfToday><strong></mt:CalendarIfToday><mt:CalendarDay><mt:CalendarIfToday></strong></mt:CalendarIfToday><br>
    <mt:Contents limit="3">
      <mt:if name="__first__"><ul></mt:if>
      <li><mt:ContentLabel></li>
      <mt:if name="__last__"></ul></mt:if>
    </mt:Contents>
  </mt:CalendarIfContents>
  <mt:CalendarIfNoContents>
    <mt:CalendarIfToday><strong></mt:CalendarIfToday><mt:CalendarDay><mt:CalendarIfToday></strong></mt:CalendarIfToday><br>No Events
  </mt:CalendarIfNoContents>
    </td>
  <mt:CalendarWeekFooter>
  </tr>
  </mt:CalendarWeekFooter>
</mt:ContentCalendar>
</table>
  
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
CATEGORY BACK