Blog

Movable Typeの気づいた点などの紹介

2019.09.06

MTクラウドのサーバ配信について

MTクラウドではデフォルトでサーバ配信ができます。
本番サーバ配信のFTPS情報を入力すること配信させることができます。

細かい設定(除外ファイル)などはできませんが、単純な配信だけなら標準で十分だったりします。
(細かい設定が必要の方はプラグインを検討してみてください)

最近プラグインなどでもつまずきましたがデフォルトでもサーバ配信でつまずいたのでメモしておきます。

SSLの設定もしてる本番サーバで入力の不備がない状態で、SSLにチェック状態で保存もできたにも関わらず配信先でコケてしまう症状がおきました。

以下、FAQにも記載なかったのでまた同じことで失敗しないために残しておきます。

  • SSLの証明書はWebサーバと同じ証明書でFTPサーバに使用することは可能(ただしサーバの種類によっては証明書と中間証明書をひとつのファイルにまとめる必要がある)
  • サーバー側の設定で、コントロールコネクションの SSL セッションをデータコネクションでも再利用するよう設定されている場合はサーバ配信でエラーが起きる可能性がある
  • FTP サーバーとして vsftpd を使用している場合、requiresslreuse がデフォルトの YES の設定になっている場合は該当する

エラー解消方法

  • 管理画面の「MT 環境変数」メニューにて「FTPSOptions」環境変数を設定し、設定値を「ReuseSession=1」として保存する
  • requiresslreuseはデフォルトは0
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
CATEGORY BACK